腸の健康を保つ|体に辛い症状が続く低血圧の改善方法|健康食品を活用して予防もする

体に辛い症状が続く低血圧の改善方法|健康食品を活用して予防もする

女性

腸の健康を保つ

錠剤

善玉菌を増やす

乳酸菌は味噌、漬物、ヨーグルトなどの発酵食品に含まれています。乳酸菌やビフィズス菌がしっかり摂れていれば腸内の善玉菌を増やすことができ、便秘の解消や免疫力の強化に繋がります。発酵食品と一緒にオリゴ糖や食物繊維を摂る事で更に善玉菌を増やすことが出来ます。腸内にはいろいろな細菌が住んでいます。善玉菌や悪玉菌が花畑のようにひしめき合っています。このことから腸内細菌を腸内フローラと呼んでいます。腸内の善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三つは健康に影響を与えています。乳酸菌などの善玉菌は腸内を酸性に保ち、病原菌の侵入を防いだりして健康を保とうとします。一方で悪玉菌は腸内のタンパクを腐敗させ有害物質を作り、体の老化などの原因となる場合があります。

発酵食品を進んで食べる

腸内の多くは日和見菌が占めています。これは善玉にも悪玉にもなりうるもので、乳酸菌などをしっかり摂る事で善玉菌の味方になってくれるものです。腸内環境が良い状態ならば健康の維持や老化防止などの予防に繋がります。しかし、現代社会では乳酸菌を多く含む発酵食品を毎日摂る事は難しい事と思います。この場合、不足分を乳酸菌のサプリメントで補うのも良いと思います。日本食は発酵食品を上手に使っていたものでした、しかし、欧米化に伴い、食生活が変化をして善玉菌の働きを助ける、乳酸菌や食物繊維の摂取が減ってきています。逆に、動物性脂肪や高タンパクの食材が増えて、悪玉菌を増やすものとなっています。腸内環境を悪くなる食生活と言えます。日常生活が忙しい方はサプリメントがおすすめです。サプリは錠剤になっていることが多いので、場所を問わず摂取することができます。加えて、自分で量を調整できるので体調に合わせて摂りたい分だけ摂取できるのです。しかし、基本的に用法用量が定められているので、これを遵守することが大切です。